ごあいさつ

~ いつもあなたのそばに ~


支部長 岩屋口 智栄

 リーガルサポート神奈川県支部のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

 まずは、リーガルサポートの紹介をさせていただきます。リーガルサポートは平成11年に社団法人として、全国の司法書士によって設立され、「公益活動」を一層充実させるため平成23年4月1日に公益社団法人になりました。成年後見制度を専門に取り扱う団体としては、日本で唯一の全国規模の公益社団法人で、日本最大の後見人供給団体とも言われています。

 リーガルサポートは司法書士が成年後見制度に取り組むために司法書士で組織された団体なのです。会員数は、全国で7,879名(平成29年5月12日現在)で、神奈川県においては、466名です。裁判所から選ばれる後見人の就任割合としては、親族以外の第三者後見人の中で司法書士は最も多く、平成28年の最高裁判所事務総局家庭局の統計を見ますと、司法書士が全体の約27%、弁護士が約23%、社会福祉士が約11%となっています。

 このようにリーガルサポートは、日本最大の後見人供給団体として、積極的に活動をしています。

 また、当法人では、後見人に就任できる司法書士は名簿制をとっています。後見人候補者名簿を作成し、一定の研修を履修したものが名簿に登載され、後見人になることができます。後見人候補者名簿に登載された司法書士は、2年に1度の名簿更新制をとっているので、名簿更新のためにも一定の研修の履修が必要になります。さらには、当法人に対し、半年に1度業務報告をすることも義務付けられています。このように後見人候補者名簿に登載された司法書士は、常に研修を受けて、常に業務報告をすることによって、後見人としての資質が担保されているのです。

 成年後見制度を利用している方々は、自らの意思や希望を訴えることが、苦手であったり、困難である方が多くいらっしゃいます。リーガルサポートの司法書士は、高度な各種の研修を受けていますので、その方々の思いを受け止めて、意思を尊重し、安心して毎日の生活が過ごせるように、最適な生活環境の維持・向上を目指します。
 これが、リーガルサポート神奈川県支部の使命であると考えます。

  • 司法書士による各種相談(電話・面談)
  • 管轄家庭裁判所 県内の家庭裁判所のご案内